幼児期の過ごし方が大切|小学生のための英語教材でバッチリ覚えられる

小学生のための英語教材でバッチリ覚えられる

児童

幼児期の過ごし方が大切

男性と女の子

英語を効率的にマスター

多くの日本人が苦手としているのが英語です。社内公用語として英語を採用する企業も増え、英語は今後ますます重要なスキルになることが予想されます。たくさんの人が英会話スクールや市販の教材を使って学習を行っていますが大人になってからでは英語の習得には限度があります。特に日本人にとって難しいのがリスニングで、日本語にない音を聞き取る力はなかなか養うことはできません。人間の耳は5歳ごろには完成するといわれ、幼児期に英語に触れたかどうかが将来の英語力を大きく左右することが分かっています。0歳から小学校入学前まで通うことのできるプリスクールでは大切な時期にたくさんの英語に触れることができるため、子供の英語力を育みたい人に人気となっています。

英語で生活する環境

多くの人に選択されているプリスクールの特徴は英語を習うのではなく英語で生活するということです。日本語を覚えていくのと同じように英語も習得することができるため、実践的で自然な会話が身につきます。幼児期のうちからネイティブの発音に親しむことができるので正しい発音で会話することができ、基礎的な文法も柔らかい脳にしっかりと刻み込まれます。プリスクール卒業後にはインターナショナルスクールに通うのが理想的ですが、習い事として英会話を続ける程度でも英語力はキープすることが可能です。最近では全国にいろいろなプリスクールが誕生しています。保育園よりも費用は高くなりますが子供の将来のために検討してみましょう。また、プリスクールでは基本的に連絡なども英語で行われるので親の英語力も必要になります。親子で成長することができるのでおすすめです。